ベテラン司法書士さんの廃業

知り合いの司法書士さんが廃業するという。

もう30年来の知り合いですから、凄く寂しい気持です。
我々のような不動産業者も同じですが、70代とかになると経験はたっぷりと積んでいますが、どうも事務処理能力が衰えてくることを自覚するようになるそうです。
不動産業者って口だけ動かすような仕事だと思われがちですが、司法書士の仕事ほどではないけれど、実は相当な事務処理能力もないとダメな仕事です。
また、法改正などで新しい事柄も次々に知る必要もありますので、勉強することは年配者には大変な部分もありますし。

「働き方改革」で、年齢問わず元気な人は死ぬ(?)まで働きましょうなんてことになっておりますが、病気していなくて体は動いても、その辺の衰えを感じてくると、仕事って出来なくなるものです。その司法書士の先生も、そうなる前に辞めることを決断したそうです。
ちょっとしたことを聞く相手が居なくなるのも痛手です。

そうそう、知り合いの不動産会社の人が一人、今日でその会社を辞めるって昨日電話がありました。
同業他社に転職するそうです。

春は転職・廃業・入社など人の動くシーズンでもあります。