不動産人/「値交渉」にも“旬”がある

「売主」と「買主」は立場が違いますが・・・

仲介とは、売主さんと買主さんの要望をすり合わせて、最終的に合意させて契約するのが仕事です。
通常は、売主さんの方から金額を含めて売却する条件を提示します。
売主側の仲介業者は、売主の希望をお聞きした上で幾ら位だったら売れるのかアドバイスします。
(教科書っぽく言えば)おおよそ3ヶ月以内で買主が付くだろうと言う位の売却条件にします。
媒介契約も3ヶ月がワンクールですから、3ヶ月で買主が付かなければ、その後どうするのか売主さんと協議します。

売却をスタートさせても、意外と問い合わせなど引き合いが少ない時は、少しの調整をしたりもします。買主さんが現れて、いろいろ細かなことを尋ねられたり、新たに調査したりして、具体的な購入条件が出て来ましたら、売主さんと協議して買主さんに返事をします。
買主からの指値や、引渡し条件など双方の希望条件に大きな差がある場合は、無理にまとめようとしないで、少し考える時間を設けたりすることもあります。
最近は、売り物件の数が少ないので、同じ買主さんが暫くして戻ってくることもありますので、再交渉があっても困らないような丁寧な対応が必要です。

でも、無理な値交渉を受けてしまうと、仲介業者としても依頼主からの信用を失う可能性がありますので、無理難題に対しても丁重にお断りするのです。
でも思いの外、長期間に渡って売却活動をすることになった物件は、きつい指値でも内容を吟味して対応する事になります。

仲介業者が複数介在している場合は、売主や買主と直接話をしている立場の仲介業者さんと話を詰めることは必須です。
間の立場にいる「あんこ」と言われる仲介業者さんの意見を聞いても、やはり第三者の意見でしかないので、売主・買主の意思の疎通を欠くことがあってはならないのです。

買主さんで困るのは、検討するか、購入するかも分からないのに、いきなり「幾らくらい値交渉できるの?」って言う人ですね。
気持は分からないでもないのですが、その物件を検討してもいいなって思ってから値交渉の話をしてもらわないと、話の基準が何になっているのか訳が判らなくなってしまって、仲介業者のテンションはグッと下がってしまいますから・・・(笑)