政治家の重み

このエントリーをはてなブックマークに追加

元自民党の幹事長「野中広務」さんが亡くなられたという記事を読みました。
日曜朝の「時事放談」なんて番組を結構見ているので、引退してからもしっかりした意見を持った人だと思っておりました。
92歳だったそうです。

思想信条は別にして、この当時の政治家は「個」の魅力がありましたよね。
田中角栄さん、小沢一郎さん、古賀誠さんとかも重みとか凄みが感じられていかにも“政治家”って感じです。
野中氏は、57歳で初めて国会議員でなったそうですが、その時点でもうベテランの雰囲気があったそうです。
当選してから「これから勉強します・・・」なんて言ってるタレント議員なんかとは格が違いますよね。

この国会で代表質問した党の代表者が、自分の党の名前を間違えたなんてのを新聞で読んだりすると、「軽いなぁ~」ってアカンやろ・・・情けないのですが、それもこれも選んだ人が悪いそうです(笑)

ちなみに、今年は国政選挙が無いそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です