「慣れない、群れない、頼らない」 堀文子さん

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝の朝刊で堀文子さんが亡くなられたと知りました。

去年、ある小冊子で堀文子さんのエピソードを書いたものを読んで、面白い人やなぁ~って思って『ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ』(堀文子著)を読みました。

 

人生100年が当たり前の時代となって、仮に60歳、65歳でリタイアしたとしても、後35~40年をどう生きていくのかを考えることは必要です。

日本画家の堀文子さんは、40代で夫を亡くし、エジプトやヨーロッパを回り、47歳のときに東京から神奈川県の大磯に移り住んで、身近なところにある草や花などを自然と生命をテーマに描き続けた人です。

「一生は毎日が初体験」と何事も前向きで、好奇心を持って生きることを楽しんでおられたそうです。

「慣れない、群れない、頼らない」とは、堀さんのモットーだったそうですが、人と一緒に行動すると自分を見失い、その人に似てくるから、なるべく人から離れているほうがいい。
人に頼れば、引き上げてもらえるが、それでは自分の生き方を探す努力をしなくなる。

私のような俗っぽい人生を歩んでいる者には難しいが、心がけたい生き方です。

★南森町不動産HP/あんな話こんな話★

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事業用不動産の売却・購入・買い替えなどのご相談はお気軽にご連絡お願い申し上げます。また、いろいろな身近なご相談も受け賜りますので、お電話やメールでも結構ですので、お待ち申し上げます。

≪一棟売マンション・収益ビル・倉庫・工場・遊休地・相続物件など≫

TEL06-6360-9791

南森町不動産の「会社案内」

南森町不動産の「不動産ナマ知識」

南森町不動産の「物件情報」

南森町不動産の「お問い合わせ」