お通夜の儀

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の叔父さんが亡くなったということで・・・昨日の夜はお通夜でした。

そういう年齢になったということなのか、冠婚葬祭が増えてきているような感じです。
私の友人やお客さんもそういうことなのでしょう、ぼちぼち喪中葉書も届く季節となりました。

ご住職のお話があって、お通夜の由来が今から2500年前、御釈迦さんが亡くなられて時に、弟子達が最後の夜を故人と共に夜を通して過ごしたことから“お通夜”と名付けられたと聞きました。
永く続く仏教行事であります。

5分程の法話でしたが、「恩」と言う言葉についても話されました。

“大“の字を四角で囲って、その下に”心“があるのですが、”大”は人を表しているらしく、その周りに我々がいて、“心“で支えられている様子を文字にしているということでした。
人は亡くなっても、心は残るという話に続きましたが、お通夜の夜に聞かされるとシミジミとした気持になって、自分がいかに俗っ

///////////////////////////////////////////

事業用不動産の売却・購入・買い替えなどのご相談はお気軽にご連絡お願い申し上げます。また、いろいろな身近なご相談も受け賜りますので、お電話やメールでも結構ですので、お待ち申し上げます。

≪一棟売マンション・収益ビル・倉庫・工場・遊休地・相続物件など≫

TEL06-6360-9791

南森町不動産の「会社案内」

南森町不動産の「物件情報」

南森町不動産の「お問い合わせ」

ぽい日々を過ごしているのかと思った次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です