大塩平八郎の碑

1830年代に不作が続き、天保の大飢饉と呼ばれる事態になりました。
農民一揆・打ちこわしが頻発しました。他方、豪商は米を買い占めて暴利を得、幕府は大坂の米を大量に江戸に送らせましたので、この状況に怒りを爆発させたのが、奉行所の中間管理職だった大塩平八郎です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です